石灯篭について

【石灯篭とは】

皆さんは、石灯篭をご存知でしょうか。
中には、初めて聞くという方もいらっしゃるでしょう。
石灯篭とは、寺院や庭園などで見られるもので、文字通り石で造られた灯篭の事をいいます。
灯篭とは日本の伝統的な照明器具の一つで、その灯篭を堅牢な石枠にて囲ったものとなります。

 

【石灯篭の歴史】

當麻寺(たいまじ)というお寺に、奈良時代後期に作成されたとされる石灯篭があります。こちらが現存する最古の石灯篭です。
奈良時代に寺院の灯りを保護のためにと灯篭が作られ、次の鎌倉時代になると一気に石灯篭が発展していきました。いくつかの遺品も見つかっています。安土桃山時代以降になると独特な様式の日本庭園の確立に伴い、様々なデザインの石灯篭が誕生しました。現代でもお寺だけでなく、多くの庭園に石灯篭が設置され、魅了しています。

 

【石灯篭の構成】

石灯篭は、以下により構成されています。

  • 基礎

    最下部の足となる部分の事をいいます。
    六角形や円形となっているのが一般的です。基礎の下には、基壇が設けられる事もあります。

  • 竿

    基礎の上に立つ、最も長い柱部分の事をいいます。
    ほとんどが円柱形だが、四角形の場合だけは四角形となっています。

  • 中台

    竿の上にある火袋を支える部分の事で、基礎と対照的な形がとられます。

  • 火袋

    灯篭の本来の目的でもある点灯をするための部分の事で、主役部分でもあります。

  • 火袋の上にあり、屋根の部分の事をいいます。
    灯篭の形に応じた形態がとられます。

  • 宝珠

    傘の上にのる玉ねぎのような形をしたものの事をいいます。

 

石灯篭の事をお分かりいただけたでしょうか。
石灯篭をお求めの方がいらっしゃいましたら、当社をご利用ください。
お値段も低価格にて販売させていただきます。興味を持った方は、お気軽にお問い合わせください。
無理な営業や押し売りなどいたしませんので、安心してご連絡ください。また、当社ではお墓創りも承っております。お見積無料となっておりますので、どうぞご依頼ください。