墓石の種類とお墓の装飾品

墓石の大きさや形に特別な決まりというのは存在しません。
ですから基本的に、自由に形を決める事が可能です。

しかし墓地には区画がありますので、その区画に収める事を考えなければなりません。
また墓地によっては、形式にある程度の制約を設けている場合もあります。

 

【墓石の種類】

代表的な墓石の種類には、日本において昔から建てられている角柱型の「和型墓石」、近年、公園墓地などで見られる横長の「洋型墓石」、自由な発想で個性を出した「オリジナル墓石」などがあります。
最近では人の好みや考え方の多様化により、故人の意向や故人をイメージした個性的なオリジナル墓石が人気となっています。他にも、平安時代から始まったとされる五重塔の墓石、自然な風情が人気の自然石の墓石、神道のお墓、キリスト教のお墓などがあります。

このように、墓石には多くの種類があるのです。
上記でも申し上げたように、墓石には特別に決まった大きさや形がありません。
ですから、故人の望む墓石、家族が望む墓石を作り上げる事が大切なのです。

 

【お墓の装飾品】

そしてお墓には数多くの装飾品があります。
線香をお供えする「香炉」、お墓の正面左右を飾る「水鉢花立て」、家族や家族それぞれの墓碑銘を刻む「墓誌」、卒塔婆を支える「塔婆立て」、お墓の付属品として最も親しまれている「灯籠」などがあります。
中には、お墓に絶対必要でない物もありますが、このような装飾品をお墓に用いる事で、ご先祖様の御霊を丁寧に祭る事が可能となります。

 

以上が、墓石の種類とお墓の装飾品となります。
ぜひ知識として身につけて、お墓を建てる際には役立ててください。

そして当社では、墓石の施工・販売を低価格で行っています。
他社と比較をしても当社の墓石はお求めやすいお値段になっています。ですから様々な理由により、墓石にお金をかけるのが難しい方には、おすすめの価格と言えます。
また当社では、お墓の装飾品である石灯籠の施工も行っています。

墓石の種類が決まり、石灯籠の設置が決まったら、どうぞ当社にお任せください。
お客様の納得のいく、お墓作りをいたします。